グルテンフリーはいまはもうホットワードではないかもしれない。けれど、そもそもグルテンが本当に悪者なのかは明確なのだろうか?
 
急速に広がったきっかけは、ノヴァク・ジョコビッチ選手が著書で取り上げたことだったと思う。欧州ではセリアック病という、グルテンに対して腸管不耐性の疾患がある。疾患の有無に関わらず、身体に悪い影響を及ぼすと考えられたのも不思議ではないかもしれない。
ただ、日本人ではセリアック病は稀であり、グルテンフリー自体が果たして効果があるのかどうかは議論されるところだ。
疾患があのだから、シンプルに悪いものなんだと決めてしまうとしよう。ただ、それは例えばアレルギーにしたって同じことだろう。ナッツ類は身体にいいものだと考えられているが、一方でアレルギーの発症数が多い食品でもある。症状がある=すべてが悪いとは判断できない。もちろん、グルテンがそうした食品から逸脱した例外的なものである可能性もあるから、悪くないとも言えない。はっきりしているのは小麦アレルギーに比べたら、害ははるかに少ないと考えられるし、ましてやその可能性が潰される可能性もあるということ。
調べなくてはならないことは、グルテンは本当に悪者なのか、もしそうならそれは何故か。
そしてグルテンだけが問題なのかということ。
前者に関しては、実のところ良い悪いの2つ結果が混在している。後者に関してはグルテンそのものが問題であるわけではないことを示す論文が出てきているので、それを紹介する。(といっても、鈴木さんの本読んで知ったんだけど!恥ずかしい」)
随時更新
雑記の関連記事
  • ヘタレ栄養士がゆく屋台飯③ タイ編
  • ヘタレ栄養士がゆく屋台飯② タイ編
  • ヘタレ栄養士がゆく屋台飯① タイ編
  • 栄養士なら知っておきたい【GIの調べ方】
  • グルテンは本当に悪者なのか
  • 格安スマホの画面バリバリをどうするか
おすすめの記事
雑記
グルテンフリーはいまはもうホットワードではないかもしれない。けれど、そもそもグルテンが本当に悪者なのかは明確なのだろうか?   急速に広がっ...
本について
病理学は、英語でいうとpathology 。 語源としては、ギリシャ語で苦難を意味する pathos、学問を意味するlogosを合わせた言葉...
資産運用
仮想通貨で爆沈したことから、再びインデックス投資に方向転換。つみたてNISAへの切り替えは済んでいたので、当月から積立開始です! 積み立てる...
雑記
大学生は金を払って学ぶだけでは能がない、と大学卒業して気づいた能無しです。 この特異な期間をモラトリアムと呼ぶこともあるけれど、現実に目を向...
本について
 朝から晩まで仕事したあなたは、きっととても疲れている。 今日も一日働いたし、言い訳しないで頑張った。お家に帰って、お風呂に入りたいし、歯磨...
曲がりなりにも栄養士であるせいか、マーケットに興味がある。そこいらの観光名所行くより、その国の活気がよく分かる。といっても僕は料理はまったく...
資産運用
世の大半の人は職に就いて収入を得ているわけですが、社畜という言葉が存在することからわかるように働くのは楽じゃない。全然、楽ではない。 ちゅう...
読書記録
4月の読書メーター 読んだ本の数:4 読んだページ数:690 ナイス数:9 お金は寝かせて増やしなさいの感想 いろいろ回り道してきたけど、結...