投資の法則をまとめてみた(随時更新)

マーフィーの法則


 

卵は同じカゴに盛るな


一つのカゴに卵を盛ると、落としたときに全部おじゃんになるリスクが出てくるが

いくつかのカゴに分ければ、全部おじゃんになることはまずない。

インデックス投資の考えの根幹はバラけさせるという分散、つまりリスクマネジメントにある。

ドルコスト平均法


積立投資の根幹にあるのがドルコスト平均法といえる。

株を買う際、そこには2つの道筋しかない。上がっているときに買うのか、下がっているときに買うのか。

そして、買ったあとの運命もただ2つしかない。つまり、上がるか、下がるかだ。

72の法則


インデックス投資で期待できるリターンが5%程度なので
2倍になるまでにかかる年数はおおよそ14年と少しになる。

正直、ながいなと思ってしまうけど……

単利で2倍になるまでの法則もあるので、比べてみましょう

同じように5%のリターンで計算すると、20年かかることになる。

単利と複利の違いがよくわかります。

115の法則


さて、2倍になる計算式はわかった。
でも内心は、たかが2倍なんてと思ってはいないだろうか。

そこで115の法則、複利で3倍になるまでの年数を割り出せます

インデックスの期待リターン5%で考えると、おおよそ23年かかる計算だ。
2倍になるのに14年かかったところも、3倍には+9年しかかからない。

年数が経つほど複利の効果が如実に表れることがわかります。
投資は早ければ早いほど得るものが大きいわけです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です