格安スマホの画面バリバリをどうするか

格安スマホも落下させれば当然画面が割れます。

iPhoneだと新品に買い換えるのがかなりキツいので、修理に出すのが第一選択、次いで持つのを諦めて格安スマホに移行といった感じじゃないだろうか。AppleCare期間ならまず修理(というか交換)になるし、期間外でも街中のiPhone専門業者に持ち込めば1万内で済む。繰り返し過ぎて、格安スマホに移行した口だけど…

格安スマホだとどうなるかというと、液晶交換に出すと安くても1万から。ぜひともお願いしますとはならないんだなぁ。スマホ本体が1万5千そこらなのだから、もうスマホ買い替えるかどうかになってくる。

もう一つの選択肢は、自力で交換。

自力でどうにかする

私はHuaweiのP9 lite使っているんですが、液晶画面の交換セットがふつうにAmazonで売ってるんですね。


iPhoneのときはぶっ壊れたら余計に高くつくなぁと思って手を出したことなかったんだけど、格安スマホだとどうせだから自分でやってみようかなと思えたりする。4千円なので、うまくいけば修理代の半額以下で済むし、予約とか日数かかったりといった心配もいらないのも大きい。ただし、すべてうまくいけばの話ではあるけど…

で、下のサイト参考にしながらやってみたら、うまくいきました。

Huawei P9 Lite Display with Frame Replacement

さる.log  

 

なんだかんだで4時間近くかけてしまって、途中もうiPhone買っちゃおうかなとか萎えかけました。ミスったのは画面割れのガラスがかなり残って非常に面倒くさい思いしたこと、それに通話音声部分の網掛けのメッシュ生地を取り去ってちょっと中古感がでてしまったことくらい。

画面交換を自力でやるのはあり。
次割ったら、自分でやろうという気起きそうにないけれどw

事前の策としては、もうスマホケース替える他ない。おとなしく手帳型にしときます…

実物が、思ってた以上に素敵だった。
格安スマホであっても下手にケース付けない方がきれいだと思うんだけど、これに関しては付けて正解。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です